2015年08月25日

10周年です

というわけでもどういうわけでもないのですが、当ブログがスタートしたのが2005年の8月25日、ということで、


10周年となりましたーっ!!


と申しましても、最近は、1日何回かはかましているツイートに対して、こちらのエントリはせいぜい月に数回、という状態が続いている訳ではありますが、それでも時折何かの拍子に過去のエントリにたどり着いていただける方がまとまっていらっしゃったりしますので、まだ全て終わらせてしまうのもなあ、という感じで細々と続けております。


当面は、こんな調子で続けて残しておきたいと思っておりますので、ツイッターのぐだぐだを含めて、引き続きよろしくお願いいたします。




posted by BBR at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

[天津港爆発]いろいろな事情で動けない

中国様が事故で死者数をこれだけ「踏み出して」公表するのは滅多にないことで、それだけで今回の状況のすさまじさがわかろうというものです。まだ行方不明の方がおられるようですが、それよりも火災そのものが最初の出火から3日になっても完全には終結せず、またシアン化化合物、要は青酸なんたら系の危険が強く残っていて容易に復旧できない、ということもあって、これはちょっと人的被害以外の面でも大変な事になっているようです。





当初、中国様のことだから、遺体の収容が済むか済まないかのうちに、爆発で損傷した車なんかをあっという間に「どこかへ」消し去って、原因とかはまあ適当に作るとして、しれーっと港の扱いを再開させるなんてこともやりそうだよな、と思っていたのですが、とてもそんな状況にはなり得ないようでして。


まずは周辺の爆発に伴う被害が半端ではないということ。出荷待ちの自動車がとんでもないことになっている映像などは特にインパクトが強いですが、有害物質の飛散状況も明確に把握できていないようでは、周辺の復旧もままならないでしょう。二次的な被害が広がることがあってはさすがの中国様も抑えようがないでしょう。何しろ場所が場所なので、いくら政府が報道規制、立ち入り規制を敷いても、全部を抑えきることはできないでしょうから。


中国の経済情勢は着実に悪化している訳ですが、このタイミングで中国の海上交易の最も重要な窓口の一つである天津の港湾機能が長期間停止することになると、国家経済へのさらに厳しい打撃になることが十分に予想されます。原因と責任の追及も大事ですが、少なくとも今までと同じ形に復旧するのでは安全が確保されないことになるのですから、どうやって機能を回復させるのか、というのも重要となってきます。かなり長く尾を引く話になるかも知れません。







posted by BBR at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

[高速]子どもを忘れないよう気をつけましょう

今週に入ってすでにお盆休み、という企業もあるでしょうし、徐々に高速道路もお盆の規制や各地への行楽で混雑する頃。個人的にはそういうときにはまず移動しないのでその辺の大変さはほとんどわからないのですが、まあそれでもこんなことは滅多にないやろ、という事件。





まあその、忘れ物するにも程がある、という感じで、3歳の子だったらとりあえず一緒に乗せて、まだチャイルドシートに座らせてベルトの確認とかあるでしょうに、親とセットで乗らないうちに移動してしまったというのでもなく(それならそれでまた別の問題がありそうですが)、その子だけ乗せずに発車してしまったというのに気づかないというのは、旅行中で気が浮ついていたとしてもちょっとなあ、というところ。場所が場所ですし危険も伴いますから、意図的に放置したと見られてしまうのもやむを得ない状況ですよね。


というわけで、「うっかり」ここまでやってしまう人はまあいないとは思うのですが、家族連れの多いSA、PAでは、特に事故に気をつけたいですね。




(今日聴いていたCD)
ブルックナー:交響曲第4, 5, 7, 8, 9番
アーベントロート指揮 ライプツィヒ放送響、ベルリン放送響
MEMORIES: MR2251/2255 (1949〜56年録音)

Mr2251_55もともとブルックナーというとまずは7番から、という傾向が強いのでありますが、まあいろいろと聴いてきた中、そこにあるとはわかっていたアーベントロートには手をつけていなかったのでありました。


で、こちらの第7番は、1956年、アーベントロートがなくなる3ヶ月ほど前の録音で、このブルックナー集の中では唯一、ベルリン放送響との共演になっています。もちろんモノラル録音ですが、音質は悪くなく、演奏を味わうのに大きな支障はありません。


で、アーベントロートというとかなり特徴の強い演奏をするようなイメージがあったのですが、この第7番の演奏はテンポは少し速めですが音楽全体を大きく動かすパワーは指揮者の最晩年とは思えないもの、しかしいわゆる爆演系の類とは一線を画しており、動きはあるものの芯の座った音を聞かせてくれます。オケのバランスも良く、ブルックナーの孫弟子というべき立場であったアーベントロートが、古き良き時代の空気を引き継ぎつつ、今でも十分聞かせる内容を持った演奏を残してくれていることに感謝したくなります。





posted by BBR at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。