2016年01月27日

[フィッシング]どう見ても銀行を騙っていますが

さてさて、当ブログではときどきスパムの晒し上げをやっていたりしたのですが、久しぶりにツッコミどころのたっぷりあるネタのような詐欺メールが飛んできましたので、一部URLなどは省略しつつこちらに。
[以下引用:タイトル「本人認証サービス」]

こんにちは!
(略)
【りそな銀行】kTcFAWDSRHHFTKLUHXCBFNCMRDJRVVivDRJDRJVoWeVMiPDJRZZUBNmDJRsBLFkQvamp@resona-gr.co.jpkTcFAWDSRHHFTKLUHXCBFNCMRDJRVVivDRJ(以下略)
(2016年1月27日更新)「りそな銀行」のシステムが安全性の更新がされたため、お客様はアカウントが凍結?休眠されないように、直ちにアカウントをご認証ください。
(略)
【りそな銀行】kTcFAWDSRHHFTKLUHXCBFNCMRDJRVVivDRJDRJVoWeVMiPDJRZZUBNmDJRsBLFkQvamp@resona-gr.co.jpkTcFAWDSRHHFTKLUHXCBFNCMRDJRVVivDRJ(以下略)
以下のページより登録を続けてください。
https://mp.resona-gr.co.jp/m(以下略)

Copyright (c) Resona Holdings, Inc. All Rights Reserved.
(略)
【りそな銀行】kTcFAWDSRHHFTKLUHXCBFNCMRDJRVVivDRJDRJVoWeVMiPDJRZZUBNmDJRsBLFkQvamp@resona-gr.co.jpkTcFAWDSRHHFTKLUHXCBFNCMRDJRVVivDRJ(以下略)

[引用終わり]


もう冒頭の「こんにちは!」から突っ込まざるを得ない、「どこから見ても銀行が送ってくるメールと違うやろ」というメールな訳ですが、まあその次の文なんか見ても、日本語下手すぎ、という感じで、勿論私このURLは踏んでいませんが、どうやらご丁寧に銀行を偽装するサイトに至り(cnとかのドメインらしいです)、オンラインバンキングのID、パスワードを入力させて情報を盗んでしまう、というフィッシング的なオチが待っているようであります。


しかし、そもそも、


私、りそなの口座持っていませんから!!


というわけで、他にもいろいろな銀行の名前を騙って送られてきているらしいこうした個人情報系詐欺メール、まあ普通の人なら引っかからないとは思いますし、仕掛ける方ももうちょっと考えろよ、と余計なことまで考えてしまうのであります。よい子のみなさんは、こういうメールのURLは踏まないようにしましょうね。






posted by BBR at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

[NFLモード]さあ、レギュラーシーズンが終了いたしました

さてさて、NFLはWeek17が終わりました。DALはきっちりと4TOを喫して敗れ、ドラフト順4番手を確保しましたね。いいポジションを得て、まず獲得するのは高順位のQBでRomoさんの後釜を教育するか、「だから言わんこっちゃない」状態になったRBを入れてOLの活きる形を目指すか、あるいは課題のDFを強化に出るか、まあいろいろとやりようはあるでしょうけど。しかしTENは2年連続のドラフト1位って、やっぱりMariotaだけじゃ足りなかったんでしょうが。


それはともかく、NFCはARIが予想外の大敗でCARがHFAを確保、でMINがLambeauでGBに勝ったけどPO初戦がvsSEAで勝って良かったんだかどうなんだか、という話になったりもしているわけですが、そこは、きっちり勝ったチームが実は上に行けるようになってるもんですよ、と個人的には思いたいなと。


一方のAFCは結局終わってみればDENがHFAを取り、NEは最後に@MIAに敗れて第1シードを逃してしまい、過去の例から見るとSB連覇が少し遠くなった感じですね。で、ひょっとするとひょっとしたかも知れないと期待をしていたSouthはHOUがあっさり勝ってややこしい計算をしなくて良くなり、最後のWCスポットはNYJが終盤のINT連発で自滅してPITのものに(シーズン途中の状況からみてこっちも意外でした)。


というわけで、次週のWildcard Playoffsの組み合わせは、


[NFC] SEA @ MIN   GB @ WAS
[AFC]  KC @ HOU   PIT @ CIN


と相成りました。個人的なDivisional Playoffの組み合わせ予想としましては、上に述べたことも加味しまして、


[NFC]  WAS @ CAR   MIN @ ARI
[AFC]  KC @ DEN   CIN @ NE


あたりでどうかな、と思っておりますが。









posted by BBR at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | NFLモード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

○○年の作曲家(2016年版)

さて、新年の当ブログで毎回取り上げているのがこのシリーズですが、今年は比較的新しい生誕100年の所に個人的にはかなりツボな方が集まってまして、ざっと並べても、スティーヴンス、エステベス、ヒナステラ、デュティユー、ヒメネス・マバラクと、世間的な扱いはマイナーでもそれなりに存在感を残す人たち、さらに日本では柴田南雄さんが生誕100年に当たります。


その上はというと、没後100年にグラナドス、生誕150年にサティ、ブゾーニ、カリンニコフといった少々クセのある名前が並びます。こうしてみると、指揮者を含め、むちゃくちゃ有名なビッグネーム、という人は見当たらないですね。


Dca654

ここで取り上げる1枚は、そのうちアルゼンチンの作曲家、アルベルト・ヒナステラ(ジナステラ)。サバレタが初演したハープ協奏曲は、この楽器の音のイメージに逆らうような「攻める」協奏曲。「エスタンシア」は民族色が強く、リズムが独特な雰囲気を形作る彼の代表作の一つ、最近結構有名になってきているらしいですね。ピアノ協奏曲も、彼の壮年期の傑作だと思うのですが。


このディスクは、80年代から90年代にかけて、Musica Mexicanaのシリーズを録音したバティス指揮メキシコシティ・フィルの組み合わせによるASVへの録音。この組み合わせらしく迫力のある演奏ですが、結構きれいな録音です。ヒナステラは日本ではそんなに有名な作曲家ではないですが、意外に録音の数は少なくないんですよね。


(参照ディスク)
ヒナステラ: ハープ協奏曲、「エスタンシア」組曲、ピアノ協奏曲
アレン(Hp)、タラーゴ(Pf)、バティス指揮 メキシコシティ・フィル
ASV DCA654 (1989年頃録音)


posted by BBR at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | CDいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする