2014年10月26日

グリコ看板と、大阪マラソン

あ、ただいま日本です。



本日はとある用事で戎橋筋の某所に出かけておりました。



Glicoこの辺をうろうろするのも久しぶりでありまして、そう言えばこないだグリコの看板がリニューアル完了してたなあ、ということで、



撮ってみたんですが、昼間の状況では単に、「新しなったんかいな?」というぐらいの感想しか得られないのでありまして。やっぱりここは夜見るべきなんですね。でもLED看板だったら、夜のスマホのシャッタースピードでちゃんと撮れるんだろうか。



道頓堀橋方向にたくさんの人が見えるのは、大阪マラソンです。これも、これだけの人が走っている状況に出くわすのは初めてでありまして、でもにぎやかになってましたね。まだこの辺はほとんどの人が走っている状態でしたし。しかし橋はマラソンするにはかなり暑かったですから、参加者の方々にはかなりしんどかったんじゃないでしょうか。お疲れ様です。





posted by BBR at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

[iPhone6]これはちょっとデカ過ぎないか?

実は結構最近4sから5sに機種変更したところで、6が出たと言っても特に重大な関心はないのでありますが、なんだかやたらにデカイとか、ポケットに突っ込んでたらディスプレイが曲がるとか、スタート時の世間の人気の割にはそのサイズ面での問題がかなり指摘されているようですね。



個人的には買う予定はないものではありますが、ちょうど今朝の新聞広告に、SBのiPhone6全面広告が載っていて、それがいかにもこういう現状を反映したのがまるわかりの、「原寸大」お示し広告だったわけで。しかしこれが見るからに何とも微妙な感じで、特に下の原寸大であろう6plusのサイズが何も比較しなくても明らかに大きいぞ、「これってちょっとサイズを抑えたiPad miniやんか」、と一見してそう思ってしまうもので。どう見てもポケットに入りませんぞこれは。



実際に、手持ちの5s(ハードシェルケース入りなので本体サイズより縦横それぞれ2mmほど大きいです。しかしすでに傷だらけのケースですな)を重ねてその大きさを確認してみますと、



Iphone6まずは←こちらが6の方。



画像が微妙にわかりにくいかも知れませんが、基本商品の方でも、それなりに縦長で、5sでも胸ポケットに入れるとちょっと先端部分がはみ出ることもある状況なんですけど、そこからさらに長さが頭一つ出ている、で横幅もちょっと出てますよね。スマホの中にはこのぐらいのサイズのものはあると言えばある訳ですが、iPhoneにいろいろぶっ込んでいるうちにこんなサイズになってしまったけどまあ売れるだろうからいいや、てな雰囲気が垣間見える(独断ですが)こういうサイズ設定には多少の疑問を覚えます。



まあそれでもこちらは携帯電話のフォーマットの中で十分扱えるサイズではないかと思いますが、問題は6plusの方で、



Iphone6p←これですから。



ちょっと出っ張ってるとか、一回り大きいとか、そういう話ではなくて、これって明らかにカテゴリが変わってるでしょ、という感じ。手がそれほど大きくない方には片手でホールドして操作するのが難しい、という声も出ているようですが、それも理解できる大きさですね。またカメラ部分が出っ張ってるとかいう問題もあるらしく、機能面を頑張っているのはわかるがちょっとそれって違うんじゃ、という情報が聞こえてきます。



特に女子の身の回りの携帯にはかなりしんどいのでは。



恐らく後々出てくるであろう6sとか何とかのアップグレード商品には、その辺のサイズ問題を解決させたモデルが開発されてくるんだとは思いますし、私が買い換えるであろうものもそのぐらいのモデルになるのではないかと思いますので買いもしないものに文句を垂れるな、というのもごもっともなんですが、ま、お求めの節は実機のサイズをじっくり体感して下さいね、と。







http://blog.livedoor.jp/ktu2003/archives/52131190.html

posted by BBR at 20:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

10年目

いつもご来訪いただきありがとうございます。



当ブログは2005年8月25日に開設、最初のエントリをしておりますので、本日でまる9周年、10年目に突入することとなりました。



最近はすっかり、こちらでの本来の業務である「ベタな平日」(いやだからブログエントリが業務じゃないってば)がかなりバタバタしておりまして、なかなかエントリをする頭と心の余裕に乏しくなっております。それでも過去エントリを中心にですがこちらにお越しいただく方もまあ多少はいらっしゃると言うことで、有難く思っております。



丸9年前となると、まだ上の娘でさえ幼稚園児だった頃でして、それが今ではすっかり中学生で、某アイドルにはまったりする年頃になってます。まあそういうモンなんですね、早いものです。まあ、この際ですから10周年まではぼちぼちでも続けて、その後は、そのときに考えます。




話はコロッと変わりますが、アイドル、10年と言えば、(当ブログと並べて出すのも申し訳ない話ですが)先月、Berryz工房(このブログでこの種の言葉が出てくるのも我ながら珍しいと思いますが、かつて「ジンギスカン」を歌い踊りながら「IQサプリ」に出ていたのが妙に記憶に残っていたりとか、大江アナがバスガイド役で「青春バスガイド」のMVに出ていたりとか、そういう断片的な注目ポイントはあったのです。最近は結構ももちがピンでバラエティなんかに出てますが、彼女のMCは非常に話し方が丁寧だと思います)が無期限活動停止(実質的には解散)を発表していました。彼女たちもグループとしてデビューしてから丸10年(オーディションからだと12年)、まさに「普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?」なキャリアを過ごしてきた訳ですね。




YouTube: Berryz工房 『普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』 (Dance Shot Ver.)



一般の仕事でも10年続けるというのはそれなりに大変なもので、特にいろんな事をやりたい時期に生活上の制約も多く課されるアイドル業というのは、長く続けるのって大変な事だなと思いますね。特にハロプロ系は体育会的に基礎を鍛えて、生歌でアイドルとしてのステージをこなしきっていますから、体力的にも精神的にも走り続けるのはしんどいものでしょう。年を経るごとに見た目も指向性もいろいろと変わってきますしね(かなり個性の違う7人グループとなるとそこらへんをまとめきるのも難しいでしょうし。オーディション同期の℃-uteがこのところ快調に突っ走っているのとはいくらか様相が異なるようです)。



特に女性グループは一定の年齢を迎えると存続に関わる問題が必然的に出て来てしまうものです。来年春以降、続ける人も去る人もいるでしょうが、それぞれの立場で頑張ってもらいたいものです。最年長でもまだ23ですから、それを考えると羨ましいですね。






posted by BBR at 02:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。