2012年04月06日

[インスタントラーメン]学ぶほどのことでもないような

ちょっとエントリの間が空いてしまっておりますが、今回も小ネタです。

















確かに、カップラーメンを含むインスタントヌードルはもはや世界のファストフードですね。ラオスは結構米の麺が幅をきかせていてあまり多くはありませんが、タイではインスタントラーメンを普通に作ったのがローカルショップのメニューになっていますし。







ただ、そんなことより記事の内容が「こんな中身でええんか?」というのが気になるところでありまして、







(引用開始)
市販ではなく自家製のインスタントラーメンを作る方法が投稿されている。まず、ライスヌードルにお湯を注いで数分待つ。そして粉末チキンブイヨンと味噌、ニンニク、唐辛子パウダーとお湯で作った手製のスープを注ぎ、ネギなどの野菜を加えれば完成だ。
(引用終わり)







って、別に麺を自家製でやるんとちゃうんかいな。そら単に[「付け変えてみました」っていうだけですな。粉末チキンブイヨンから何から入れてるものを見ていると、結局袋入りの粉末スープとよう変わらんものができるだけではなかろうかと。







ついでに、半島系辛ラーメンのメーカーが言ってる、







(引用開始)
塩分を減らす方法が紹介されている。使うスープの素を減らし、スープを飲み干さずに残すようにすれば塩分を60%カットできるという。
(引用終わり)









って、わざわざ書くほどのことかこれ?と思ってしまいますけど。















 



posted by BBR at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

[訃報]竹脇無我さん67歳

まだ60代だったんですね。随分早い気がしてしまいます。50の頃から病気などいろいろと苦労されていたようでしたが。





正統派の男前、渋い声、まさに二枚目の典型という方だったわけですが、逆にそれ故に自己のギャップに苦しんでいた面もあったそうで、ストレスからくるうつ病、さらにアルコールから来たと言われる糖尿病にも苦しみ、長い闘病を強いられることとなったそうです。50代後半から復帰、その後はまた活躍されていたのですが...



テレビでも出演作は数多いですが、やはり私らからすれば「榊原伊織」ですよね。あの「大岡越前」という、特段のヤマも見栄も見当たらない時代劇が、30年、15シリーズにわたり続いたのには、伊織役の竹脇さんがグッと再度を固めていた部分が確かにあったはずで。ああいうシリーズって、今のテレビではもう二度と作れないんだろうな、と思いつつ。




謹んでご冥福をお祈り申し上げます。





http://blog.livedoor.jp/fukuhiro_tigers_fan/archives/52211313.html

posted by BBR at 00:33| Comment(0) | TrackBack(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

[ホーム突き落とし]昨年の事件もこの時期だった

やはり「木の芽時」というのはあるのではないかという気がしてしまいます。こういう訳のわからない状況で人々を恐怖に陥れる事件、昨年のちょうど同じ頃に、岡山駅での突き落とし殺人事件があったのをご記憶の方も多いでしょう(あの事件は被疑者が少年でしたが、逆送となって公判前整理手続まで済んでいるようですね)。今度は東京駅ですが、わざわざそこまで行って犯行に及んでいるなど、微妙に似通っているところが気になります。



東京駅ホームから突き落とす=電車と接触、女性負傷−殺人未遂容疑で男逮捕(時事通信)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
23日午後8時10分ごろ、東京都千代田区丸の内、JR東京駅の中央線ホームで、小平市の女性(60)が男に線路へ突き落とされた。女性は頭部から落ち、進入してきた青梅発東京行き上り快速電車の先頭車両と接触。頭から出血して病院に搬送されたが、命に別条はないという。
 男は逃げようとしたが、警備員が取り押さえ、警視庁丸の内署が殺人未遂容疑で現行犯逮捕。男は「死刑になりたいからやった」と供述しているという。
(以下略)
(引用終わり)



時事通信の報道では実名も入っていますが、テレビのニュースなどでは匿名化されているようです。やはりその種の「自主規制」を入れるべきでは、と考える事件に該当するということなのでしょうが。



東京駅の中央線ホームですから入選速度も遅く、辛うじて命は助かったというのは不幸中の幸いでありますが、やはりこういうところで「死刑になりたいから」ってこのような犯行をされたらたまったものではないわけで、「死にたかったら一人で誰にも迷惑かけんようにして死んだら?」と優しく声の一つもかけてやりたくなってしまいます。じゃあ自分が飛び込みます、などとされてもたまらないわけでして。



こういう事件で(今回は未遂でしたが)刑事手続き、精神鑑定、さらに勾留等の手続、そしてちかいうちに裁判員制度が始まるとこの種の事件も裁判員裁判の対象になる可能性が高いですから、余計に人の手間と公費がムダに流出してしまうわけですし。



昨年の事件以降、やはり整列乗車の前列にはあまり積極的に立たないようにとか、立ってもなるべく横向きにとか、後ろに目を付けておくとか、そういう自己防衛を働かせてしまう今日この頃でありまして、何かイヤな世の中にまた一つ近づいているよなあ、と思う次第であります。







posted by BBR at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。