2015年09月13日

住吉公園駅のこと

Sumiyoshi01_2さてさて、既にニュースにもなっておりましたが、私にとっても身近な路線、阪堺電気軌道の住吉公園駅が2016年1月末で廃止になる、という件です。


この路線、わずか200mほどの盲腸線で(まさに盲腸、というか虫垂、というか、そういう言葉がピッタリきます)、少し前から運転本数が大幅に削減され、こんな都会にありながら「ある意味秘境駅」「日本一終電の早い駅」などという言い方で有名になってしまっているようでありますね。


こちらは住吉電停に貼られていた告知ですが、ここから住吉公園駅(南海本線の住吉大社駅に隣接しています)までもごくわずかな距離ですし、さらに100mぐらいの所に住吉鳥居前電停もありますので、住吉大社参詣に重大な影響があるわけでもない、という形ではあります。


Sumiyoshi02_2

Sumiyoshi03_2大阪市内には昭和40年代半ばまでは市電が走っていましたが、それが全廃されてからは、当時南海の上町線、阪堺線、それに平野線がわずかに残る併用軌道線となっていました。そのうち平野線は1980年に地下鉄谷町線の八尾南延伸に伴って廃止となり、この2路線だけが残っています。で、上町線と阪堺線がクロスする住吉電停から先へは、写真にもあります通り、走る電車は朝8時台までの平日5本、休日4本だけです。


Sumiyoshi04_2

Sumiyoshi05というわけで、この区間は保存しておくのもあまり重要性が高くなく、一方平面交差地点には改修を要するがその費用をまかなえるほどの運賃収入がある訳ではない、という難しいこともありまして、結果的にこのように、わずかな区間ではありますが、昼間から「終電後」の「閉まらずの踏切」という状況が展開しているわけであります。


Sumiyoshi06_2

Sumiyoshi07_2さて、阪堺電気軌道の路線は大阪市内は天王寺駅前と恵美須町が起点になっており、かつては天王寺駅前からは住吉公園行きと大阪市内最南端駅の我孫子道行きの2系統、恵美須町からは堺市内に入って浜寺駅前まで、というパターンで運行されていたのですが、やはり乗客の密度という点では天王寺の方が明らかに大きい、ということで、最近になって天王寺駅前から浜寺駅前への直通運転が始まり、逆に恵美須町からは我孫子道までの区間運転のみに変わりました。


で、現在の運転パターンは発車時刻表をご覧いただけばおわかりの通り、天王寺駅前発着が圧倒的に多く、恵美須町からは朝夕を除けばおおむね1時間に3本という状態(2014年に本数が大きく減少した)。まさしく「過疎化」が進んでいるのでありまして、運転本数的には、過去2回、最近の方でも7年半前にエントリしたときに、30分ヘッドの運転に過疎をひしひしと感じた汐見橋線に近づきつつあります。堺市内の区間は、堺市内LRTの動きとともに以前から存廃問題が浮かんでは消えしていましたが、こちら恵美須町区間ともども、大阪市に残る路面電車の将来は、決して楽観できないものであるようです。




posted by BBR at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 近場に行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

ディープ日本橋のこと

今ではロードサイド型量販店の発達で見る影もなくなって(それらもネットショップの浸透で随分しんどくなって)いますが、ほんの一昔前までは日本橋2丁目あたりからえびすランプの少し手前まではずらりと並んだ電器街でした。今でも完全に死んでいる訳ではないですが、目立って立ち並んでいるのは多くはこれももはや時代の徒花になりかけているビデオショップ、それ以外はどちらかというと現物を確認できるニッチな専門店(4丁目東側のeイヤホンとか、いろいろと視聴したくて時々行ったりします)が何とか生き続けている、というところでしょうか。


Nipponbashi01そんな日本橋界隈でもやや南の方、日本橋4丁目の堺筋西側あたりには、ちょっと通りを入ると戦後がまだ色濃く残っているかのようなエリアが少しだけ残っています。なぜか3階建てでしかない「五階百貨店」という、主に電気パーツや工具なんかが売られている商店群を要する建物は昔から有名ですが(そもそもはこの近辺に5階建ての「眺望閣」という建物があったのが由来で、その周辺一帯の店舗群も含めて「五階」と言っていたものらしい)、そのすぐ南側の「日本橋商店会」と看板のある路地のような一角(ここももともとは「五階」の範囲内だったらしい)も、大変に味のある場所です。


Nipponbashi02かつて私がTC-K777ESIIというカセットデッキを探して見つけて、ですぐにベルトがいかれてさらに同型品を入れてもらって買い直した、なんてことをやっていたのもこのエリアの路地沿いにある店ですし、おそらく今使っているCDウォークマンが使用不能になったら、代替機はここらへんの中古の状態の良いものを探すしかないよな、という感じになるような、もうとにかく「掘り出し物」としか言いようのない(で正直それを掘り出し物と感じない人には特に意味のない)商品がいろいろとある、まだ昭和に立ち戻れるような気がする、そんな小さな商店街です。というとそういう中古電器店しかないのかという五階、ではなくて誤解を生みそうですが、路地の中には呉服屋さんとか、あるいは空き店舗に外からだとよくわからないカフェのような店とか、店舗にもちょいと一癖ありそうな並びになっています。そのつもりで見てみると楽しい。


Nipponbashi03

Nipponbashi04私は主に、ここらに並んでいる中古のオーディオ機器でいい状態のがないかな、なんてのを確認しに時折この界隈を覗きに行ってるのですが、このエリアは見ての通り車が入り込むようにはできていませんし、付近の駐車場も料金がちょっと高い。そのうえ目的地のすぐそこの駐車場が開いてなかったりする、とかいろいろとそっち側の不満はどうしても出てしまいます。このエリアの「衰退」の大きな原因とも絡んでくることになるわけですが、地下鉄でこざるを得ない、さらに目的地に必ずしも直結しているわけでもない、駐車サービスがもう一つ詳しくわからない、一般に営業時間が短い傾向が強い、というあたりは単独の店がどうこうしきれないものがありますのでね。


Nipponbashi05でまあこういう店舗も徐々に代替わりし、あるいは代替わりできる人がいなければ消えていき、という運命を辿らざるを得ない訳ですが、逆にこういう路地の昭和っぽさに目をつけて店開きしてみようか、という人も現れてくるわけで、←こちらは日本各地のインスタントラーメンを集めたお店。店内にもいくらか商品は並んでいますが狭いのでそちらは主力というわけではなく、商品ディスプレイのメインは、角地にあることも活かして店の外側にずらりと商品を並べているところ。一部を除いて私なんかにとっては普段見かけないものがズラリ、という感じで、ここはお客さんも結構来ています。


Nipponbashi06一つ一つがそんなに安いわけではありませんが、とりあえず目についたもの、ということで、ホンマにスープが胡椒の色で黒い「寿がきや富山ブラック」(これで結構有名になったみたいですが、富山のラーメンが全部こうであるわけではありません)、それから熊本方面では有名らしい「本場ラーメン(ゴールド)」。「お二人前」なんていう書き方に昭和っぽさを感じたりするのですが、福岡のマルタイなんかと同様の棒ラーメンですが1人前ずつ束ねていませんね(実はまだこれは食べていない)。他に写真には入っていませんが沖縄そばなんかも購入したりしていたのでありました(こっちは結構魚介系の出汁がいい感じで出ていて悪くなかった)。また「ベタな休日」の部屋食用のネタのために寄ってみようと思います。





posted by BBR at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 近場に行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

近大マグロを食する

昨年、義母が亡くなったため今年は初詣はナシ、でも家の周りをグダグダしているのもなあ、というわけで、昨日は、実は「ベタな平日・休日」ばっかりでその存在は知っておりながら足を踏み入れたことがなかったグランフロントへ。



Kindai01ちょうど人出が増える時期、時間帯だったこともあるんでしょうが、いやあ、久しぶりに酔いそうな人の波ですね。



まあその、途中一見して多少気になるかな、というお店はないではないのですが、一応目的地があるのと人が多いので何だかゆっくりする気になりにくい(ということはそこまでの関心はないということなんでしょうけどね)、ということで、大阪駅からは奥へ奥へと進んだ北館へと突っ込んで行きます。



Kindai02北館のやや奥の方に入り、6階まで上がると、非常にわかりやすい形で表示されているのが、こちらの「近畿大学水産研究所」。本拠は白浜にあるわけですが、いまや銀座にも店を出してしまうほど、「近大マグロ」で一大ブランドの名を確立してしまいました。確かに回遊魚で「止まると死ぬんじゃ」という特性を持つマグロの養殖においてここまでの力を持っているのは近大ブランドのなせる技なんですよね。でまあ、このお店、グランフロントでも北館奥の方の「ナレッジキャピタル」に入っている、というのが一応のミソということなんでありましょう。



ここは店の手前側のカウンターとテーブル席が予約なしで入れる席ですが、いささか窮屈な雰囲気を持っているというのは否めず(ただ相当に行列ができるので、こちら側はある程度回転率を上げるような仕掛けになっているのだろうと思います。注文の品物が出てくるのは非常に早い、というのもそういう面から理解すべきかと)、近大マグロと紀州の魚を美味しいお酒とともにじっくり楽しみたい、という事であればやはり予約が必要です。ただしこの店の予約は現在のところ非常に取りにくい状況にありまして、予約ならではのコース料理も是非一度試してみたいのではありますが果たしていつになるのやら。



ともかく、ランチタイムが14時で終了した後、ガランとした店の前をしばらくブラブラしていますと、15時半過ぎに係の人がディナーの行列のためのロープをしつらえ始めます。ディナーは17時からですが、最初のタイミングで入店しようというときは、現在でも休日なら恐らく16時前には並んでおく必要がありそうです。ただし上に書いたように、予約なしの席はかなり回転率重視になっていますので、売り切れにならない限り、そこそこのタイミングで席は空いてくれるものと思われます。



Kindai03Kindai04席についてとりあえず出てくるお通しのあら炊きが意外と薄味で結構美味しかったりしましたがそれはともかく、やはりここまず注文すべきは近大マグロのお造り、赤身、中トロ、大トロの各部位が乗っかったものは切り身も結構重厚で食べ応えがあります。実は赤身の歯触りとまろやかな味わいがとても素晴らしかったりします。そしてお酒によく合いそうなのが写真のツノの焼き物とか、血合いのガーリック醤油とか。特に後者は個人的に大好物な部位ですので、これだけでお酒の2合ぐらいは行けそうな感じがします。



もちろんマグロ以外にも紀州の良い魚がいろいろと味わえる訳ですが、まあ呑まずに食べるだけなら1人3000円ぐらいでそれなりの満足が得られる内容です。予約して食べるメニューだともうちょっといろいろと価格的なバリエーションがあるものと思います。



話のネタ、というだけではなく、味的にも十二分に楽しめます、というか、ここで食べてしまったが故に、また久しぶりに勝浦とかでいいマグロが食べたくなってきたりしまして... しかし遠いんですよね。







posted by BBR at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 近場に行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする