2009年08月25日

[こりゃひどい]便座に接着剤

ある意味相当悲惨な事件でして、状況が判明してから(恐らく座った瞬間の何だか冷たい感触から「おーっと」と立ち上がろうとしたときには既に遅かったということなんだろうと思われ)自力解決を模索して、結局助けを呼んで、何とも言いようのない格好で搬送されて処置を受けるまで、別にこの人自体は何も悪いこともしていないのに情けない目に遭わされてしまっているわけで、想像するだけでひどいです。

















いかにも日本のどこかにこういうことをしでかしそうな奴がいるように思われる事件ですが、オーストラリアにもいるんですね、この種の無差別犯行。









直ちに人命にかかわることではありませんが、ある意味どつかれるよりも辛いかもしれないこうした行為、日本人は絶対真似しないように














posted by BBR at 01:51| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

[訃報]大原麗子さん62歳

そう言えば最近見ないなとは思っていましたが、長いこと患っていらっしゃったんですね。



女優の大原麗子さん、自宅で死亡…死後2週間経過?(YOMIURI ONLINE)



(元ニュースはこちら)



(記事引用)
女優の大原麗子さん(62)が東京都世田谷区の自宅で亡くなっていたことが6日、わかった。

 警視庁成城署幹部によると、大原さんの弟が、大原さんとしばらく連絡が取れなくなったことから、同署に同日届け出て、署員が駆け付けたところ、寝 室のベッドの上で大原さんが死亡しているのが確認された。遺体の状況から、死後2週間以上が経過しているとみられるという。(中略)

 大原さんは東京都出身。1964年、NHKの新人オーディションに合格。テレビドラマ「幸福試験」でデビューした。(中略)

 テレビでは、NHKの大河ドラマ「勝海舟」「獅子の時代」に出演、「春日局」では主役を務めた。このほかTBSの「くれない族の反乱」「浮浪雲」 なども話題になった。「すこし愛して、なが〜く愛して」のせりふが流行語になったサントリーのCMなどにも多数出演。愛らしい表情としっとりとした風情の 日本美人として、何度もテレビの好感度タレントのNo.1になった。

 73年に俳優の渡瀬恒彦さんと結婚、78年に離婚。80年に歌手の森進一さんと再婚したが84年に離婚した。99年から2000年にかけ、手足の神経がマヒして歩行などが困難になる「ギラン・バレー症候群」の治療のために芸能活動を一時休止した。
(引用終わり)



ギラン・バレー症候群という名前、時折聞くのではありますが、自己免疫によって筋肉を動かす運動神経に障害が発生するということで、手足に力が入らない、という運動障害から進行すると呼吸筋に麻痺が生じることがあり、今回のケースでは急に呼吸器系の症状が発生し、呼吸不全で亡くなってしまったのではないか、ということが考えられます。



かつては某ウイスキーのCMなどで「元祖癒し系」の活躍をされて(ちょうど私の中高生時分がその辺りでのピークであったかと。個人的には当時はまだ見ていた大河ドラマの「獅子の時代」とか、結構印象に残っています(「春日局」となるともう見てなかった)。森進一と結婚していたのもちょうどその頃ですね)いたわけですが、その頃から徐々に病気が進行していたのかと思うと少々複雑です。



それよりも、やはりこのような形で約2週間にわたって発見されずになくなってしまったというのが不憫であります。



謹んでご冥福をお祈り申し上げます。




http://tkawkio.blog94.fc2.com/blog-entry-2682.html
http://blog.livedoor.jp/di_tanicchy/archives/51974529.html
http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/51999840.html
http://blog.livedoor.jp/yswebsite/archives/52416013.html
http://blog.goo.ne.jp/hhh1010/e/a94cd2be44b73fc75cbce14d5a62a446
http://tetorayade.exblog.jp/11676456
http://blog.livedoor.jp/y0780121/archives/50253960.html
http://blog.livedoor.jp/ktu2003/archives/51642099.html
http://blog.livedoor.jp/ussyassya/archives/51365985.html
http://blog.livedoor.jp/nob11/archives/51600791.html

posted by BBR at 23:25| Comment(0) | TrackBack(31) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

[Britain's Got Talent]要するに、ギャップだ(追記あり)

YouTubeに流れている動画  、私も見ました(リンクしたところより音の良いものもありましたが、まあその辺は適宜探して下さい。あちこちに転がっています)。この番組自体は確か「アンビリバボー」でポール・ポッツのサクセスストーリーのネタになっていましたよね。だから個人的にはその時の方がよりインパクトが強くて、今回のは「そんなにすごかったか?」などと斜に構えてしまったりもしたのですが。





パッと見は買い物帰りのおばちゃんがふらっと迷い込んだような感じ。本人曰く47歳、ということだが見たところもっと年上のような感じ。審査する3人も「おばちゃん何しに出てきたんや」という雰囲気。それが歌い出した最初の一声で一変、ということなんですが。



確かにI Dreamed a Dreamをたっぷりの声量で歌いきるその姿は堂々としたもので、声だけ聞いていたら「ホンマにただの素人か?」という風に思ってしまいますね。歌声は若々しく、ちゃんとしたところで勉強してたんじゃないの?という気が。何度か聞いていると、もっと若い頃からトレーニングしていたらもっとアレやったんやないのか、という気もしますが、この歳で出てきてこのギャップが、というところが最大のポイントなのでありましょう(いやその、仮に多少の仕込みがあったとしても立派なものなんですよ)。



さっそくデビューを、という話もあるようですが、それ以前にYouTubeで私を含めて1千万以上のダウンロードがあるようです。しかしこれは「最初の一声に驚く」というのが最大のネタなんだと思いますから、英国内はともかく、世界でセールスとなると、どうでしょうかね。




(5/2夜追記)
彼女の25年前の姿、という動画が発掘されていますね。こちら のサイトに、彼女が「追憶」「I don't know how I love him」を歌っている映像は1984年にスコットランドのローカルタレントのショーで撮影されたものだそうですが、なかなか底の安定した声で、やっぱりちゃんと基礎があったんやないの、と思いましたね。歌そのものはこっちの方が良かったかも知れません。







http://rapupo.blog47.fc2.com/blog-entry-2488.html

posted by BBR at 02:34| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする