2010年12月26日

[M-1]とりあえず、最後の宴は笑い飯

M-1グランプリは今年が最後、まあ企画者である紳助の中のマンネリ感と、グランプリとその後の活躍具合との微妙なギャップとか、一応10年の節目感とか、恐らくスポンサーサイドの意向とか、いろいろあってのことでしょうが、まあ雰囲気的に現状のままの流れで続けてもどうかなあ、という気はしていました(過去のM-1エントリでもそういう書きぶりをした記憶が)し、そこは前向きに見た方が良いのかも知れませんね。



さて、今回は「鳥人」から決勝で思いっきりやらかしてしまった笑い飯が最後の最後にもう一やらかしかましてくれるのか、というのが個人的には大関心事なんですが、ともかくスタートしましょうか(多分、今回も「感」で語る部分が多いとは思います)。



審査員はオール巨人、上沼恵美子あたりの「大御所系」が降りて、さまぁーず大竹(だから今週「モヤさま」が飛んだってわけでもないか)と宮迫が新たに入る形、随分年齢層が下がってしまった感じがしますね。


さて、長い前フリの後のトップはようやくこの決勝の場に到達したカナリア。しかし1番は難しいんですよね。このシリーズ的に、トップがそのまま残ったことってほとんどなかったような気がします。ネタはレンコンアレルギーとか、ファイティングポーズとか、ボケの中身は個人的にはまる部分もあったんですが、ちょっと暖まるのにちょっと時間がかかったかも。知床は若干厳しかったかも知れませんね。



2番手がジャルジャル。私M-1のテレビを何回か見ていて、基本的にここのネタは半分以上は最初の1分ではないかと思うんですが、そこをちょっと不明確に外してしまった感がありまして、どうも乗り切れないまま半分が経過してしまった感じ。あとは何が何か掴みきれないままに終了してしまった感じ。やってしまった、というところですね。個人的には中田カウスの採点が正解だと思います。



ここで敗者復活の勝ち上がりの発表。おいおい、パンクブーブーかよ。というわけで、まあいいですけどね。何となく現場芸人の消沈感が伝わってくるような。



3番手がスリムクラブ。「エンタ」の頃をもはや覚えていない人も多いのではないかと思いつつ、つかみの雰囲気をどこまでうまいこともっていけるかな、と思っていたら、キモさと間で何とか4分持たせてしまったのはけっこうなもんだなと。オチが微妙なところはあるんですけどね。これがジャルジャルより下ならちょっとなあ、としっかり90点ベースが出てきて、ベスト3の可能性も出てきましたね。



4番手は銀シャリ。個人的には面白いネタなんですが、あのホールでバチッとはまるのかな、というと厳しいかも。会場の温度が少しずつ低下していくのを感じるのが悲しいですね。純粋に漫才としては楽しいんですけどね。「ymca」とか。でもなんでこんなに「じじむさい」ネタになっちゃってるのかな、と。でも意外に点数が出てくれたのは私としてはちょっと嬉しい気分が。とりあえずカナリアが敗退決定。



つづいてナイツ。個人的に嫌いではないんですけど、基本的には「小屋」のネタなんですよね。もう一つ何かドカンというものがないと、M-1ではどうしても「天井」が出てきてしまうような気がします。安定して面白いんですが、ではまた決戦に上げるか、というとどうかなあ、と。得点は銀シャリの1点下。微妙なポイントを誰かが制御していたとは思えませんが、ちゃんと上手い具合に整うもんだなあと。これでジャルジャルが敗退。まあこれは想定どおりですね。



さあ、笑い飯です。「サンタウロス」は「鳥人」との若干の二番煎じ感を覚えるものの、「ヒザが4つあるから」とか、蟯虫検査のプレゼントとか、一つ一つのクスグリ感はさすがです。ただオチに向けての畳みかける雰囲気に乏しく、小粒に終わってしまったのがどうも。ポイントがちょっと高く出すぎのような。個人的には90点ベースでギリギリ上がるかどうか、というぐらいのイメージだったんですけど(ただ、相対的に見れば十分決戦勝ち上がりレヴェルであることは間違いない)。ここでナイツが敗退。これはしょうがないでしょうね。



7組目がハライチ。前回のグランプリは「外した」感がありましたが、今回も彼らの基本ネタで行ってるんですけどもう一つ走れなかったのかも。「三つ編みの坊主」とかは嫌いではないんですけどね。もともと小粒なネタなので、やはり伸びきらないんですよね。暫定5位で敗退。悪くはないんですがこの結果は仕方ないかも知れません。



ファーストステージが残り2組になって、結構M-1的に注目されているピースが登場。どうもツカミに失敗した感が強く、その後シャウト系のボケがはまらなくなってしまったかな、と。個人的にネタは初めて見ましたが、全体としてまるでツボにはまらぬまま終了した感が。これで銀シャリより上か、というか、ナイツより上なのもどうもなあ、と言うところ。


さあ、笑い飯とスリムクラブが勝ち残り決定となって、あとは敗者復活から上がった前年覇者が残るかどうか。2連覇のかかる(という盛り上げ方もどうなんだか)パンクブーブー。ネタ的には面白いんですよね。空間的な流れの移行もイメージできて、きちんとしたスジもまとまりもあって、さすがに昨年王者の貫禄(こういうところでは)という感じもあって、漫才の完成度の高さという点ではいいんですが、ではこれをトップに推せるかというと、95点までは出せないな、という印象... だったんですけど、スコアは笑い飯と同点のトップ(個人的には大竹さんの91点も理解できる)。これで笑い飯、パンクブーブー、スリムクラブの3組が最終決戦に進出となりました。



さあ、スリムクラブが本物かどうか、という紳助のコメントは私も同じ思いだったぞ、と後付け的に思いつつ、最終決戦はスリムクラブ、笑い飯、パンクブーブーの順です。




で、まずはスリムクラブ。あの「間」をよく我慢できるなあ、と思いつつ、「民主党」も含めて、会場を異空間に誘うネタで、余りにも意表を突かれてしまいました。これをトップにできるか、というと極めて微妙で、これはあと2組の出来次第、という感じがより強くなって笑い飯です。



ここは一発思いっきりかましてくれたら素敵だったんですが、「小銭の神様」が思いの外普通の笑い飯ネタで、個人的には終盤の持って行き方がもう一つで、何でこんなに小さく終わってしまったかなあ、というところ。これはパンクブーブーが最終決戦でもう一つ噛ましてしまえば連覇かな、という感じが。



ところがここでパンクブーブーのネタが1本目を超えてないんですよね。ファーストステージのような空間的なイメージができるネタではなく、単なるナンセンスネタに終わってしまったなというところ。これでは余りにも評価しづらい。



恐らくバイアスのない審査員であれば思いっきり悩んでしまいそうな最終決戦。個人的には、消去法でスリムクラブに獲らせて上げたくなる内容でしたが、さてどうでしょう。



審査結果は、



スス笑笑笑笑ス



で、笑い飯僅差のグランプリ獲得となりました。紳助も言っていた通り、笑い飯は2本目に守りに入ってしまったのが残念至極。こんな形になるぐらいなら、もう1発「チンポジ」級のをかましてスリムクラブに優勝を供給するぐらいの方が番組的にも盛り上がったかも、とは思いつつ、まあ本人には本人の思いもあることでしょうがね。




さて、これでM-1も一応の一区切りとなったわけですが、個人的にも、ブラマヨ、チュートリアルが獲ったあたりまでがM-1の山場だと思っていたので、ここでこのイベント自体が終了するのは仕方ないのではないかと思っています。まあこういうお笑いの大スケールのコンペがなくなるのは残念ですし、まあこの後さらに何らかの展開があるのだとは思いますが、一応この形では役割を果たしたのではないかと。ひとまず、来年以降何が出てくるのか、期待しておきたいと思います。










http://kannri0412.blog135.fc2.com/blog-entry-10.html
http://aoimon.blog7.fc2.com/blog-entry-1565.html

posted by BBR at 19:59| Comment(0) | TrackBack(17) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

1日20分

前から妙に気になってしまっているのが、進研ゼミ小学講座 のCM。



松岡修造の出てくるCMはたいがい「うっとうしさ」を売りにしている感がなきにしもあらずですが、



そこに出てくる、「1日20分で学習できるカリキュラム」なんですが、



集中できるのは何分ぐらい?と聞かれた子の発言。




「5分やって1時間休憩、って感じ」




それって、1日20分の中身でも、3時間20分かかっちゃいますけど。



そこんところは、言わない約束でしょうか。






posted by BBR at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

寒いですね、あと今頃ですがR-1

平年と大して変わらないとは思われますが、やはり35度から5度10度という所に戻ると、「むっちゃ寒いやんけ」と思うわけでありまして。とまあそんなわけで、今回はネット事情が芳しくなかったためと私がすぐ寝てしまったために「ベタな平日」シリーズは追い追い進行させます。



帰ってきてから、上手い具合に結果を全く知らずに見ることができた「R-1ぐらんぷり」(このRがRakugoであることを記憶している人は今どれほどいるのだろうか)をまずチェック。すっかり出遅れているのであんまり細かいことは書きませんが、なだぎ武他大物がかなり抜けてしまった(あと大物が結構準決勝で落ちた)今大会、眠い頭にどれだけ刺激を与えてもらえるかな、と思って見たものの、「一つ抜けたのは出なかった」という印象が。



どうも「せいぜい2〜3分なら行けそうなネタを4分に引っ張るためにちょっと無理している」という人が若干、というのと、中山功太は確かに悪くはないんだけど(時報ネタは部分的に見たこともあったからか)そこまで高得点になるネタか?というのがもう一点(確かにあのままエハラマサヒロでええんか?という部分は確かにあるのですが)。個人的にはバカリズムの「県の持ち方」は秀逸だと思いました。パターンは同じで引っ張りながらも絵を含めて中だるみがなく、ネタ本体なら私は1番だと思ったのですが、ただ非常に残念なのはオチがちょっと弱かった所か。あそこを「出るわけねえだろ」では普通やないかと。COWCOW山田も「ゴルゴンゾーラ」あたりでちょっと勢いが止まったような気が。



あとは、マチャアキ最初から点数出しすぎ(笑)。



どうもこの番組、司会の雨上がり、それに審査員ともども「仲間内感」がしみ出しすぎて、進行全体が微温的な感じがするのが不満です。「ネタ見せ見本市+賞金付き」というような感じで、コンペティションとしての緊張感があまり画面から見えてこないのは局の演出方針なんでしょうが、でもやっぱり全体のムードを弱めているように思うんですけど。どうなんでしょうね。




(追記)
ようやく他の方のブログエントリを見るのも解禁したのですが、バカリズム支持派、結構多いですね。4分はちょっとしんどい、という意見もそこここに見られますが。確かにきわどいところではありましたけど。






http://blog.livedoor.jp/no1_only1/archives/51171826.html
http://tkawkio.blog94.fc2.com/blog-entry-2201.html
http://blog.livedoor.jp/akahakase/archives/51757712.html

posted by BBR at 15:23| Comment(0) | TrackBack(8) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする