2009年03月24日

[WBC]最初から日韓対抗5番勝負で良かったのでは?

と、結果を見ればそんな気もするこの大会。でも途中までは結構いい勝負でしたね。ベネズエラとやるよりは難しい試合になったのではないかと。





だから松坂は立ち上がりなんよ、と昨日も申したわけで。やっぱりいきなりかまされてるやんか。



とまあこれを除いても、今日の松坂はテレビで見ても、やはり「問題の多い松坂」という感じでありましたね。球数も5回途中で98球でしたし。まあよく2点で止まったというところでしょう。



相手のOswaltは3回まではまあ普通のペースで投げていたようでしたが、4回、目が慣れてきたのか日本の打線に連打を許し、Robertsのエラーで同点に追いつかれてからはアッという間に大量点に。ここで初先発の川崎もタイムリーでした。これで4点差、ある程度の余裕を持って試合を運べる、かと思ったら終盤に入った8回、馬原がDeRosaに左翼線に運ばれ、青木がクッションボールを後逸する間に2点差。しかしここでLongoria、Robertsを抑えると、その裏に福留の四球から送ってつないでJeterがまさかの悪送球。イチローにやっとタイムリーが出て、中島の右中間に落ちる辺りはなぜかDunnが打球を負わず2塁打になってイチローも一気に生還。



5点差の9回、おや、ダルビッシュが出て来ちゃいましたね。無難に無失点で勝ちましたが、これで明日は岩隈確定かあ。



というわけで、米国も前回よりメンバーを揃えて、怪我人もけっこういい選手で補充していたようでしたが、やはりUSAとしてチームを組む試合運びにあと少しの一体感が足りなかったと言うことでしょうか。



逆に日本のチームには一戦一戦、勝利によってまとまりが強まってきたように見えます。ここまで来てまた韓国戦か?という話はありますが、ここまで来たら、過去2敗したときの先発である奉重根から先に点を取ってもらいたいものです。



それにしても、現地時間でも月曜日の決勝というのは、最初から米国が出てこないという前提だったのでしょうか。それとも「やっぱりこれは拡大版のプレシーズンゲーム」という建前?




http://tkawkio.blog94.fc2.com/blog-entry-2239.html

posted by BBR at 00:27| Comment(0) | TrackBack(9) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

[WBC]もう少し骨があるかと思ったが

こちらのエントリ からのトラバが飛びませんので、こちらを利用しております。あしからず。)

準決勝、2次ラウンドを勝ち上がった国同士の対決にしては、いきなりお粗末な試合になってしまいました。



ベネズエラの先発シルバって、昨シーズンSEAでまるで勝てなかったピッチャーではないのか。ひょっとして、米国をボコボコにして勝っていたんだから韓国にも打ち合いで勝てると思っていたのか。確かにこの大会、ベネズエラの打線はよく打っていましたが、本当に強い投手と当たっていたのかというとやや疑問。その上立ち上がりにまさかのエラーで傷を広げられて、初回の締めは秋信守の一発。さらに2回に金泰均にも持っていかれて7−0。早いところで反撃が欲しいところだったが3回の反撃も1点止まりで後が続かず、逆にエラーで取り返される有様。



まったく、もう少し骨のあるチームかと思っていましたが、投手がまともで、基本をしっかりやってくる相手には脆さだけが浮かび上がってしまう、ということなんでしょうか。もうこの辺で見るのやめてしまいましたけどね。



これで、日本時間の明日、日本が勝ったら面倒くさいことに本当に5試合目、ということになってしまいました。しかしその前にOswalt以下の米国投手陣を打って、確実に勝っておかなければなりません。例え本国での注目度が薄いとは言え、さすがに今回は何だかんだ言ってもいいムードで勝ち上がってしまいましたから、戦前のムードは、ちょっとやりにくそう、という感じがします。



やはり、松坂の立ち上がりにかなりかかっている試合、ということになってくるでしょうか。






http://kmotohiro.exblog.jp/10563779
http://ncc1701.jugem.jp/?eid=2945
http://rapupo.blog47.fc2.com/blog-entry-2450.html
http://blog.livedoor.jp/zucchidoor/archives/52307804.html

http://tkawkio.blog94.fc2.com/blog-entry-2239.html

http://blog.livedoor.jp/aki09041/archives/51604519.html

http://cw0609.blog17.fc2.com/blog-entry-743.html

http://ncc1701.jugem.jp/?eid=2947

posted by BBR at 21:48| Comment(0) | TrackBack(13) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

[WBC]2勝2敗。5試合目はあるか?

(うーむ、またTBが飛ばない。)



ちょっと出かける用事もあったりして、最初から最後までテレビの前、というわけではなかったですが、勝ち越す場面からはちゃんと見ることができて、そこだけ見ていたらいい感じで打線がつながってて相手の集中力を殺いでいたかのように見える試合でありましたが、そこまでは相変わらずイライラする流れであったようで。



シリーズ初登板の内海が金賢洙にタイムリーを喫してまたしても韓国の先手となりましたが、すぐに内川の一発と片岡のタイムリーで逆転し、そこからは相手に先手を握らせない展開に持ち込んだのは良かったところですし、2番手の小松の制球が良かったのも後半までリードして試合をできた要因でしょう。日本側も投手の駒が厳しい日であったわけですがそれは韓国も同じことで、同点になった直後の8回に走者を貯めて金廣鉉を出すことになったのは、結果的には後手を踏んだ格好になったと言えるのでしょう。



まあこの試合、どちらにとっても「負けたら終わり」というわけではなく、ただこの試合においては、何が何でも3連敗はできないという、イチロー曰くの「プライド」が一歩先に出たということではないかと。日本も韓国も、こういう代表チームとして戦っている分には、互いに差はそうあるわけではなく、かなりの部分は気持ちの差であるようにも思われます。



それはともかく、日本は村田が右脚を傷めて退場となったのが痛いところ。SDでは出ていなかったとはいえ、長打力が1枚落ちてしまったのは辛いところですね。



これで日本は1日休みとなっての米国戦となりました。前回日本は「意外と有利かも」という戦前の予測とは裏腹に米国にサヨナラで敗れています。今回もギリギリの所から大逆転で勝ち上がってきた米国には、ここというところでの微妙な力(選手のだけとは限らない)が追加されてくる可能性がありますし。しかしだったらベネズエラの方がやりやすいのかというとそうとも言えないわけですが。



とりあえず韓国にまた負け越しかい、といわれるのはお預けとなりましたが、もう1回やることになるのかどうなのか、現地時間明日明後日は見物と言える試合になるでしょうね。




(3/21追記)
韓国の監督が、この日本戦は準決勝に向けて「投手を温存したことでこの結果になった」とインタビューで語っていたそうですが、「それはお互い様でしょ」ということをお返ししておきましょうか。守りの細かいミスとかも体力の温存ですかいな、という話は置いとくとしても、だいたい、優勝もしていないのにマウンドに旗立てたりとか、そういうことしていると「学習効果のないチームやのお」という結果になっても知らんで、と言いたくなってくるところですね。



ベネズエラの打線の対応力も見物であります。







http://blog.livedoor.jp/biddersfun/archives/51191125.html

posted by BBR at 14:26| Comment(0) | TrackBack(11) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。