2016年01月03日

○○年の作曲家(2016年版)

さて、新年の当ブログで毎回取り上げているのがこのシリーズですが、今年は比較的新しい生誕100年の所に個人的にはかなりツボな方が集まってまして、ざっと並べても、スティーヴンス、エステベス、ヒナステラ、デュティユー、ヒメネス・マバラクと、世間的な扱いはマイナーでもそれなりに存在感を残す人たち、さらに日本では柴田南雄さんが生誕100年に当たります。


その上はというと、没後100年にグラナドス、生誕150年にサティ、ブゾーニ、カリンニコフといった少々クセのある名前が並びます。こうしてみると、指揮者を含め、むちゃくちゃ有名なビッグネーム、という人は見当たらないですね。


Dca654

ここで取り上げる1枚は、そのうちアルゼンチンの作曲家、アルベルト・ヒナステラ(ジナステラ)。サバレタが初演したハープ協奏曲は、この楽器の音のイメージに逆らうような「攻める」協奏曲。「エスタンシア」は民族色が強く、リズムが独特な雰囲気を形作る彼の代表作の一つ、最近結構有名になってきているらしいですね。ピアノ協奏曲も、彼の壮年期の傑作だと思うのですが。


このディスクは、80年代から90年代にかけて、Musica Mexicanaのシリーズを録音したバティス指揮メキシコシティ・フィルの組み合わせによるASVへの録音。この組み合わせらしく迫力のある演奏ですが、結構きれいな録音です。ヒナステラは日本ではそんなに有名な作曲家ではないですが、意外に録音の数は少なくないんですよね。


(参照ディスク)
ヒナステラ: ハープ協奏曲、「エスタンシア」組曲、ピアノ協奏曲
アレン(Hp)、タラーゴ(Pf)、バティス指揮 メキシコシティ・フィル
ASV DCA654 (1989年頃録音)


posted by BBR at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | CDいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

2016年 あけましておめでとうございます

何だか年越しだけがんばっているようでありますが、あけましておめでとうございます。


この冬はエルニーニョの影響で日本でも暖冬傾向が強いですが、そこら辺はラオスでも同様で、通常この時期の「ベタな平日」は長袖でないと流石に朝晩外を歩くと寒くて、となるはずなんですが、12月の下旬になっても夜寝るまでは居室にエアコンを入れたりしていまして、日中も来週辺りは連日30℃超えの予想と、全然この季節らしくない気候が続いているようであります。


そんなわけで、テレビでボクシングのはしごをしてもまるで年越し気分もわいてこず、なわけだったのですが、それでもイヤでも年は明け、もう私も数えなら大台に乗っちゃうのであります。当ブログもそんなこんなで11年目ですから。


と言いつつ、今年も「ベタな平日・休日」を過ごしつつ、たまに更新するブログになろうかと思いますが、何とか続けて参りますので、何卒よろしくお願いいたします。





posted by BBR at 00:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

2015年もおしまいですね

というわけで、あっという間に2015年が終わろうとしておりますね。


などと、こんなときだけしっかりブログエントリしなくても、なんですが、何だかPCからだとTwitterが重たいようで。


今年は本格的にツイート参戦しだして、結果当然のようにブログのペースがガクッと落ちました。時々、例えば先日のようにStrength of VictoryのうえにStrength of Scheduleが入るようなネタだとTwitterの手に余るので、というぐらいなものでして。


でも、まあそんな感じではありますが、当ブログもまだ細々とは続けて参ります。あと、「ビエンチャンでゴルフ」の続きと改訂が本当はやりたい所なんですけどね。まあその辺はぼちぼちと。


今年も辺境の過疎ブログにお越しいただきありがとうございました。2016年も、当ブログとTwitterともども、よろしくお願いいたします。





posted by BBR at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

[NFLモード]果たしてドラフト順は何番目に?(追記あり)

さてさて、随分長いことNFLモードだけではなくブログ自体を放置している間に、再びRomoさんが鎖骨をやってしまい、束の間の夢はついえてあとはズルズル。今季はプレイオフ争いも一部を除いて早いこと進出チームが固まり、残っているところもどっちに転ぶか、ということはほとんどなさそうです(一応、状況はつぶやいておきましたが)。


となると、プレイオフに入る前にチェックしておきたいのが、ドラフト順。


ドラフト順は、まずはSB覇者が32位、SB敗者が31位、その後21位まではプレイオフ進出チームで勝ち残ったレベルで並んだチームの勝率順、勝率が同じならStrength of Schedule、それも同じなら同一Conf内ならConf内成績、それでも同じならコイントスということになる、ということで、現状はと言いますと、


AFCにCLE、TENと3勝組が2チーム。最終週はCLEがvsPIT、TENが@INDと、どちらもモチベーションのある対戦相手で勝つ可能性は低そう。並べば地区の強さから見ると多分TENということになるんでしょうか。


それに続くのが4勝組のDAL、SF、SDの3チーム。最終週はDALvsWAS、SFvsSTL、SD@DENです。SDが一番難しそうですが、DALも頑張っても負けそうな顔ぶれになってしまっていますし、SFも良い勝負かと。並んでしまった場合はというと、DALは地区のレベルが低かったですが、KC、SDとも地区外を含めると結構良いところと当たっていてどないかと思って見たら、現時点でのStrength of Scheduleは強い方からSF、DAL、SDの順。しかしDALとSDは微妙な差で、最終週に並ぶとどちらが下に入るかはわかりません。


でもし、3勝組が勝って4勝組と並ぶ場合ですが、CLEはStrength of ScheduleでDALより少しだけ上、一方のTENはSDよりもしたと言うことになり、これは現状見る限りはTENのドラフト順1位はかなり濃厚ではないかと思われます。DALは最終週敗れた上で、他力も加わればドラフト2位もあり得るかも、というところ。ここは相手も最終週の重要性がなくなって入るものの、どうせなら4勝止まりで終わってもらいたいもんですね。


(12/29夜追記)
さてさて、MNFでDENの勝ち抜けが決まり、AFCはNYJとPITのどっちがWC抜けするか、そしてSouthの地区優勝がどうなるか、ですが、前者はNYJが負け、PITが勝つと、Conf内成績が同じになりますが、こちらはNYJがかなり数字が悪いので、このケースでは逆転でPITの進出となりそうです。


一方後者は、もうINDに取っては針の穴にフットボールを通すほどのかすかな望みとなっています。もし最終節でHOUが負けINDが勝っても、タイブレイカー手続を順番に見ると、直接対決は1勝1敗、DIV内はどちらも4勝2敗、共通の試合もどちらも6勝6敗、Conf内もどちらも6勝6敗となるため、その次のStrengh of Victoryを見ることになります。すると、最終節のお互いの勝敗(HOUがJAXに負け、INDがTENに勝ち)までを加味して、(Week16までの勝利数を元にすると)Strengh of VictoryはHOUは51勝、INDは48勝。で、両チームがともに勝っている相手とHOU,IND相互を除くと、対戦相手が共通していない勝利チームはHOUがCIN, NYJ, NO、INDがDEN, ATL, MIAとなります。つまり、HOUが勝利しているこれら3チームが全て負け、INDが勝利している3チームが全て勝った場合にだけ、Strength of Victoryもタイになるということです。


そうなった場合に限り、さらに次のStrength of Scheduleに進むわけですが、これはWeek16までの勝利数を元にするとどちらも119勝で並んでいます。こちらも共通の対戦相手の勝ち負けは同時に動きますので、両チームが共通で対戦していないチームはというと、HOUがCINとKC、INDがDENとPIT。しかしそれまでの設定上、HOUとCINは必ず負け、INDとDENは必ず勝つことになるのでその分の勝敗の増ははチャラになり、残るKCが負け、PITが勝ちとなった場合にINDが上回る形になります。もしここも並んでしまった場合、INDは得失点でHOUに勝ち目がありません。





posted by BBR at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | NFLモード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

[NFLモード]ロモさん復帰記念・4日間夢を見させてもらいましょ

というわけで、しばらくエントリする気も起こらず(しょっちゅうつぶやいてはいましたが)放置してきたNFLモードですが、まあそこいらへんは現金なもので、連敗終わったらエントリも復活ってか?ということでございます。


いきなり始まりは大雨だったDAL@MIAは日本でもラオスでも放送がなく、せっかくの試合もハイライトで見るしかなかったのですが、まあMIAのパスラッシュは鋭いのでちょこちょこやらかしたりしつつ、良いところで見事に決めるし、McFaddenも活きてくるし、D#も活きてくるし、ということで終盤は安定した勝利といった状態だったようで。


で、3-7になったわけですが、今週ByeのNYGが5-5で伸びておらず、今週はPHIもWASも大敗、地区内で勝ち越しチームがない状態になっております。首位のNYGとは対戦が終わっているものの、まだ2ゲーム差。Romoも戻ってきて、何だかひょっとして、という気分が一瞬湧いてきたりする訳ですが。


しかしCARが充実してるんですよね。そんでThanksgiving Day恒例の試合がvsCAR。とりあえずしばらく夢は見させてもらいますが、まあそれもあと4日間ですかね。


さて、NFCもAFCも、大勝ちしているチームが幾つもある一方で、そのすぐしたがごっそり抜けていて5割周辺が団子状態になっています。WCレースが最終的に相当微妙な展開になってきそうですが、そこはもうちょと進んでからということで。










posted by BBR at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | NFLモード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする