2015年11月19日

[アジア二次予選]2位抜けの争いは?

さて、アジア二次予選は日本がカンボジアでまたしょっぱい試合をしてしまいましたがグループ内では負けなしの勝ち点16で首位、まあこんなところで喜んでいてはいけませんが残りはホームでの2試合、普通にやっていれば1位抜けは固いでしょう。他のグループでは既に最終予選進出が決まった国も出てきていますが、そこにかなりややこしい所も混じってきていてさあどうなるかというのが本エントリの目的です。


アジア2次予選は全40カ国が8つのグループに分かれ、それぞれのトップと、2位のうちで成績の良かった4カ国が勝ち上がるというフォーマット、だったのですがそこにインドネシアの資格停止に伴う予選参加除外という事件が発生したため、Group Fだけが4カ国の参加になってしまっています。でこの扱いをどうするかというと、他の組も最下位の国との対戦は成績計算から除外しましょう、ということになっていまして、まあほとんどの上位国にとって大勢に影響はなさそうなんですが、そう簡単でない組もあったりするようです。と




まず、Group CのカタールとGroup Gの韓国は既に1位抜けが決定しており、その他にも来年3月の次節で決まりそう(得失点差が大きくなって実質的に決まりそうなのを含む)なのが、Group Aのサウジ、Group Dのイラン、Group Fのタイといったところです。Group Bは豪州が有利ですが最後にヨルダン戦を残していてそこまで決定は延びそう、Group Eの日本は最終戦のシリアと引き分け以上で勝ち上がり、という形です。Group Hは現在2位のウズベキスタンの残り2試合がフィリピン、バーレーンということで、1位に浮上できる可能性が高そうです。


問題は2位争いで、Group B、Group E、Group Hあたりは勝ち点が大きくなりそうで、逆に2位では厳しそうなのがGroup D、Group Gあたりです。


微妙なのがGroup Cで、カタールの下、香港と中国が勝ち点3差ですが、香港は残り1試合、中国はモルジブが残っていて、あとは香港とともにカタール戦を残している状況。この組はブータンの最下位がほぼ確定しており、その対戦を除くと香港の勝ち点が8、中国は5です。どちらもカタール戦を含む残り試合を勝ち切れれば最下位を除く勝ち点が11になり、一見中国が大差でリードしているように見える得失点差も、ブータン戦を除くとどちらも+2なので、中国はアウェイのモルジブ戦から既にプレッシャーがかかる大ピンチなわけです。


それでも中国としてはモルジブに勝って、カタールに対して香港と同等以上の結果になれば2位にはなれるわけですが、そこで、現在の2位抜け対象国の最下位除きの勝ち点を見てみると、シリアは既に12,ウズベキスタンまたは北朝鮮も確実に11を上回るでしょうから、残り2カ国が上に来てしまうと2位抜け不可能になってしまうわけです。他を見るとUAEがサウジ、パレスチナ戦を残して7,ヨルダンは豪州戦残しで10、オマーンがイラン、グアムを残して5、イラクがタイ、ベトナム戦を残して8、クウェートは資格停止が解けてミャンマーと試合ができれば、韓国、ミャンマー戦を残して7、ということで、要は香港も中国も、カタールに引き分け(=勝ち点9)ではほぼノーチャンスなわけです。



中国はクラブチームではアジアでも強力なものを作っている訳ですが、代表になると最終予選にも届かない、という状況が2回連続になる可能性が高まっているわけで、他人事ながらおかしなものですね。





posted by BBR at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

[訃報]阿藤快さん69歳

その昔スマッシュヒットした「けつだいらシリーズ」で、この人はけつだいら変換すると「加藤あい」になる、ということで有名だったのでありますが、まあそういう以前は、男前の悪役なんてのをこなしていた頃もあったそうで、「なんだかなぁ」はその後の派生形だったんですね。




亡くなったのは大動脈破裂、ということで、いずれにせよ心臓近くの血管の問題ですね。その少し前から仕事中に汗を多量にかく姿が見られたり、ということもあったようですが、背中が痛む、片方の肩が痛いとか、普段はそういうことを言わない人が言うようになるとこの病気が怪しいことがある、というのは良くいわれるところで、逆に医療関係者にとっては非常に怖い病気なんですね。で解離、破裂という命に関わる状態は突然に襲ってきてこのように命を奪ってしまうことになるわけでして。


我々としてもこのようなケースを知り、決してこのような急激な病気というのは簡単に見つかるものでもなく、命のリスクというのは常に横たわっているものだということも理解しておく必要があります。


阿藤快さんの方に話を戻すと、あ、「マジ歌」の劇団ひとりのパターンはもう再度披露されることはなくなるんでしょうか。それも寂しいなあ。印象にはイヤというほど残る人でしたね。


ご冥福をお祈りいたします。




http://blog.livedoor.jp/ktu2003/archives/52187816.html

posted by BBR at 00:18| Comment(0) | TrackBack(5) | ニュース(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

[NFLモード]全勝組と混戦組

さて、先週のこのシリーズはあまりに安定の敗戦にエントリする意欲を失い(半分ウソ)、今週はDALがByeということであまりネタもなし、というか見たままの状況で結構つぶやいてはいるのではありますが、まあいつもDALのBye weekには現状の各地区をざっと眺めるということでNFLモードのエントリです。


しかしまあMNFはかなりTOや肝心なところでのペナルティが目立ち、特にNYGはスタッツでは上回りながらつまらないペナルティで自滅する格好、序盤のTDのあたりまでは圧倒的な試合になるのかなと思っていたらそれっきりモメンタムも持って行かれてしまっていましたね。これでNFC Eastは5割が2チーム、DAL, WASがともに2勝というレベルの低い混戦状態がさらに加速する格好になり、Romo待ちのDALにもまだ生きる道が与えられているような状態です。


次週はDAL@NYG, PHI@CAR, WASvsTBということで、これはひょっとするとさらに団子状態が酷くなる予感、ですね。この地区は恐らく地区優勝が10勝行くか行かないかということになるでしょうから、DALもRomoが戻るまで借金1をキープできればまだ十分チャンスあり、ということかと。まあその課題が非常に難しそうな訳ですが。Cassel大丈夫かなと。


今週はATLがNOに攻め負けて初黒星でしたが、それでも6週終わってNE, CIN, DEN, GB, CARと全勝が5チームもある、というのはかなり珍しいケースではないでしょうか。しかも全勝チームそれぞれがその持ち味をしっかり活かして勝ち続けているという感じがするのがいいですね。次週は全勝組のByeが多くて、上記PHI@CARのほかはNYJ@NEという注目の全勝1敗同地区対戦があるだけですが、このまま上位組はかなり高いレベルで進みそうな気配があります。DENなんかは何週目で地区優勝が決まるかが問題、みたいな状況ですしね。


一方、NFC Eastと同様のグダグダ感のある混戦のはAFC South。INDの3勝はまあこれから伸びてきそうな雰囲気になってきているのでひょっとするとこの先混戦回避されるかも知れませんが。一方、NFC WestはARIが出だしの好調から失速する流れになってしまうと、2勝組で残っているその他のチームが息を吹き返す可能性も十分あるので、これからまだ何があるかわからないという感じ。ただ、SFには「春日の呪い」がかかってるからなあ。








posted by BBR at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | NFLモード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

[NFLモード]触らなければ何でもなかったんだけど

というわけで、恒例の乳がん撲滅キャンペーンに入った10月のNFLはWeek4。今週からBye weekのチームも出てきましたが、ともかくDALは攻撃も守備も大事なコマが足りない状況でどうにかこうにか試合を持たせる状態。実際はOTに行く前に終了していた試合だったわけですがどうやらNOもBreesの400TDを派手に御祝いしたかったのか、ミスを重ねて勝ちを決められたシーンを落っことして最後のドッカーンまで引っ張ったりしまして。


しかしDALは後半最初のキックオフリターンでDumbarまでまずい倒れ方をして、ここもケガで穴が開くと、Casselが出てきても厳しいどころじゃない状況になってしまうわけで。本当に今季のDALの怪我人の多さには困ったものです。NYGもぼちぼち上がってきましたし、全般にレベルが下がってきた地区ながら、Bye weekの前にvs NEが待っているという厳しい状況なわけで、うーむ、負け越しになる要素しか見つからない。


さて一方のNOはようやくHomeで今季初勝利となった訳ですが、プロテクションが安定していませんし、DFのラッシュもいいのにどうも試合運びがスッキリしないですね。地区内は上が強いですから、もっと勢いをつけたい所なんでしょうが。


さて今週はNOのほか、大苦戦が予想されていたCHIも初勝利を飾った訳ですが、その一方でつかみかけた初白星がまさかのことで逃げていったようなDETの敗戦、というのもあったりしまして。


あのシーン、もともとはメガトロンがStaffordからのパスを受けてゴールラインへ走り込んでそこでまず逆転TDと誰もが思ったところ、彼の左後ろからChancellorがボール目がけて必死のタックルでボールをたたき出し(確かにボールはゴールラインを割っていなかったように見えたのでファンブルはしょうがない)、ボールがエンドゾーンを転々。そこで誰も触らなければエンドゾーンを通り越してそのままタッチバックだったはずですが、Wrightがボールが出るちょっと前に(明らかに故意に)手で突いて出してしまったというもの。触らなくても出ていたから、という感じでタッチバックのTOにしてしまったのでしょうが、実際はそれが反則で、ファンブル地点をポイントにハーフディスタンスでDETの1st downとすべきではなかったか、とNFLの審判部門の上層部も電話インタビューで答えていた、ということで、レビュー不可のこのプレイ、試合の結末を大きく変えてしまったのでありました。


MNF史にハッキリ残ってしまうであろうこのプレイ、DETにとっては連敗脱出を左右するプレイだっただけに余計に残念どころではない結果になった訳ですが、FinalはFinal。ルールとは難しいものです。









posted by BBR at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | NFLモード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

[ノーベル賞]感染症との永い戦い

日本のニュースは見ていても面白くない事ばかりで、と思っていたら久しぶりに素晴らしいニュースが。医学生理学賞ということは、あの山中先生以来でしょうか。





受賞の影には、世界中の数多くの研究者が様々な対象に、様々な形で取り組んでいる感染症への対策への永い道があるわけで、われわれ素人はその何に、誰がどのように立ち向かっているのかまではなかなか知る機会がありません。


特に今回の大村先生の受賞の対象となった寄生虫感染症は、我々にとって普段馴染みのないものですし、家畜対象のものとなるとなおさらです。しかしこういう地道な研究と新薬開発により、数多くの命が救われ、家畜の被害を防いでいる、そんなことを改めて思い知らせてくれる機会としても、今回の受賞は大変に意義があると思います。


ノーベル賞を受賞される方というのは、どなたもコメントに味があるなと思います。特に長年の研究成果の末に受賞される方は。今回の受賞をきっかけに、若い研究者がさらに育って欲しいですね。




posted by BBR at 09:04| Comment(0) | TrackBack(7) | ニュース(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする